角野さんのまいにちまいにち

<   2006年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
|
|
2006年 08月 02日 |
鎌倉文学館の「魔女からの手紙 魔女への手紙 ―角野栄子の世界」がはじまりました。今年の2月頃このお話があって、私は、こんな短い期間ではとても出来ないと瞬間おもいました。でも出来ちゃいました。それもなかなか面白いものになったと、自分でいうのもなんですが、思っています。それは文学館の方たちが、始めての子ども対象の展示会をとても楽しんで取りかかってくださったからだと思います。
あれもしたい、これも楽しそう、出てくるのは前向きな意見ばかりでした。そしてそれにむかって、最大の努力をしてくださいました。ある学芸員のお母様は魔女の帽子とマントを15着もつくってくださいましたし、家のまわりの自然の中から材料を集め、ほうきも出来上がりました。そして開館すると、キップ売り場担当のおじさんたちまで三角帽子に、マントを着て魔女に変身、もうそこから魔女の世界は始まっていきます。
20代の若いスタッフは、魔女の姿になって、観光でにぎわう鎌倉の小町通りや、お成り通り、長谷観音あたりを、ビラをくばって走り回りました。「魔女さん、魔女さん」と呼び止められて、もうびっくりしたわ。でもその顔はとっても嬉しそうなのです。こんなみなさんのご協力で展覧会は今、人でにぎわっています。
c0045041_20533066.jpg
展覧会をみたら、帰りに「魔女への手紙」を書いてくださいと、入り口でハガキをおわたししています。それがもうたくさん、たくさん集まりました。魔女の絵があり、魔女とは関係ない絵もあり、たどたどしい字の手紙から、すごい達筆まで。なかにはかわいい文章があって、思わずわらってしまいます。
「ジジ、家にきてね。家には犬がいないから大丈夫だよ」
「どうやったらとべるの?」
「魔女の修行をはじめようか・・・」
もう何百枚になるでしょうか。
9月24日まで続きます。鎌倉文学館は加賀百万石の元前田侯爵邸です。ロマンティックな建物と、それは美しい前庭があります。おおきな木のしたには、魔女がそっと隠れていたりします。星や月が木の枝の間からきらきらとひかっています。魔女が忘れたのでしょうか、銀色のほうきも枝に引っかかっています。そこで魔女のマントを着て、遊んでください。お待ちしております。
c0045041_20484247.jpg

by Eiko_Kadono | 2006-08-02 20:57 | ニュース |